旅行(岩手県)

芦東山 広島藩頼春水も話題に

2014年07月27日

今日も青空がのぞいたので、もっと涼を求めて岩手県にブラリ。
行く当てもなく走っていくと、「芦東山記念館」の看板が目に入りました。
 

 

ここで行かないと生涯知ることもできないと思いハンドルを切りました。

芦東山(あし・とうざん)は元禄9(1696)年一関市大東町渋民に生まれ。仙台藩儒教学者として第5代仙台藩主伊達吉村に仕えるが、24年間の幽閉生活を送る。その間、刑法の基となった「無刑録」18巻を執筆。広島藩の頼春水も話題にするほどだった人物。

今まで知らなかった人物だが、地元で後世に伝えられていると感じました。

 


岩手県一関市