• HOME
  • >
  • 旅行
  • >
  • 岩手県
  • >
  • 「夏草や兵どもが夢の跡」 芭蕉が見た風景高速道路が走る

旅行(岩手県)

「夏草や兵どもが夢の跡」 芭蕉が見た風景高速道路が走る

2014年08月22日

「夏草や兵どもが夢の跡」平泉町にある高舘・義経堂には、この地を訪れた松尾芭蕉の句碑があります。

 

碑文には
三代の栄耀一睡の中にして、大門の跡は一里こなたに有。秀衡が跡は田野に成て、金鶏山のみ形を残す。先、高館にのぼれば、北上川南部より流るゝ大河也。衣川は、和泉が城をめぐりて、高館の下にて大河に落入。泰衡等が旧跡は、衣が関を隔て、南部口をさし堅め、夷をふせぐとみえたり。偖も義臣すぐつて此城にこもり、功名一時の叢となる。「国破れて山河あり、城春にして草青みたり」と、笠打敷て、時のうつるまで泪を落し侍りぬ。
 
芭蕉が訪れる500年前、平泉は奥州藤原氏が繁栄を築いた地。源頼朝に追われた義経は、藤原秀衡のもとに身を寄せたが、秀衡の次男・泰衡に襲われ30年の生涯を閉じました。
 
芭蕉が見た風景も、今は高速道路が走っています。

 


岩手県西磐井郡平泉町