幸か福岡かふくおかひろし 江田島市から情報発信

  • HOME
  • >
  • 旅行
  • >
  • 山口県
  • >
  • 国木田独歩ゆかりの地 柳井

旅行(山口県)

国木田独歩ゆかりの地 柳井

2014年03月24日

明治の文豪 国木田独歩ゆかりの地である柳井にブラリ。

 

市内には、国木田独歩の一家が明治25年~27年の間住んでいた家が国木田独歩旧宅として保存されています。
国木田独歩が柳井をテーマにした作品で短編小説『少年の悲哀』は、ここに仮住まいしていた時代を題材にしたもの。
 
旧宅には独歩が愛用した月琴や、国木田独歩の胸像等が展示されていました。
 
「正岡子規三十六、尾崎紅葉三十七、斎藤緑雨三十八、国木田独歩三十八、長塚節三十七、芥川龍之介三十六、嘉村礒多三十七。」
「それは、何の事なの?」
「あいつらの死んだとしさ。ばたばた死んでゐる。おれもそろそろ、そのとしだ。作家にとつて、これくらゐの年齢の時が、一ばん大事で、」
「さうして、苦しい時なの?」
「何を言つてやがる。ふざけちやいけない。お前にだつて、少しは、わかつてゐる筈たがね。もう、これ以上は言はん。言ふと、気障きざになる。おい、おれは旅に出るよ。」
 
太宰治「津軽」のくだり。ついつい太宰になったつもりなので旅にでも・・・(笑)

 


山口県柳井市