旅行(山口県)

行基作「虚空蔵菩薩」 すべて訪れ優越感

2015年05月18日

白壁の町には雨の姿が良く似合う。山口県柳井市に訪れました。金魚ちょうちんは、約150前に熊谷林三郎が、青森の「ねぶた」にヒントに、伝統織物「柳井縞」の染料を用いて創始したと言われています。
 

 

湘江庵にぶらり。諸説ありますが、福島県河沼郡柳津と宮城県登米市柳津とここが日本三大虚空蔵だという。
神亀3(726)年行基菩薩が天皇から勅を受け東国を巡遊して宮城県柳津に来て、御修法を勤めて虚空蔵菩薩を刻んだ。宝亀2(771)年大伴家持がご本尊様を拝して「福島の会津柳津、山口の柳津に安置している仏像も同じく行基の作」と伝えられている。
 
昨年2月、国木田独歩の足跡を求めてここにも立ち寄ったが、全く気にしていなかった。
昨年、東北の地でこのことを知り、改めて柳井市を訪れました。

 


山口県柳井市