東日本大震災被災地を歩く

LIGHT UP NIPPON 2014 「追悼」の祈り夜空を見上げる

2018年08月11日

LIGHT UP NIPPON 2014が、北海道から福島までの主に太平洋沿岸12カ所で行われました。今日11日は東日本大震災から42回目の月命日。
 

 

ともしびプロジェクト「鎮魂キャンドルセレモニー」の明りもともり始めた。
午後7時、「東北を、日本を、花火で、元気に。」をスローガンに「追悼」と「復興」の祈りを込めた花火が12カ所の会場で一斉に夜空を飾った。
気仙沼市では鹿折(ししおり)地区にある復幸マルシェで1,500発が打ち上げ。
訪れた人は、坂本龍一氏演奏の「赤とんぼ」を聞きながら、「追悼」の祈りを込め夜空を見上げていた。
復幸マルシェは平成24年3月に開設。近くに津波で打ち上げられた大型漁船第18共徳丸があった。このあたりは、東日本大震災で地盤沈下した約42ヘクタールを、平均で海抜3.5メートルまでかさ上げ。そのため、復幸マルシェも今月末でこの場所を離れ、別な場所に移転することが決まっている。

 


宮城県気仙沼市