東日本大震災被災地を歩く

近所の会社東北で出会う 起重機船が海中作業

2014年08月19日

気仙沼市内の海岸線を走っていると、起重機船が海中の作業を行っていました。このあたりも、津波が押し寄せ、多くの被害が出た場所。いまだに、がれきが海中から釣り上げ、船に乗せていました。
 

 

船名を見ると、どこかで見たような・・・。
船を所有するのは広島県にある海洋土木が得意とする会社。郷里の自宅から自動車で10分ほどの場所に本社があります。
かねてから、気仙沼市で仕事をしていることを風の便りで聞いていた。まさか、ここにいたとは・・・。
船上で作業する人も、ひょっとして同郷の人か。

 


宮城県気仙沼市