幸か福岡かふくおかひろし 江田島市から情報発信

せいわ

2013年10月17日

呉湾の定期航路から外を眺めると見慣れる船がいました。沈みそうで沈まない船がいました。
 

 

呉にある造船所で建設されていた船が海上でテストを行っていた。
同型の船を呉市に本店のある土木工事業の会社が所有し、船名は「せいわ」。
船の種類は汚濁防止枠付土砂送泥船。土砂を満載した船をこの中に入港させ、船底を開いて土砂処分する方法。
現在、東京港のしゅんせつ事業で活躍しているという。
最大の特徴は、海面下30メートルまでを船体及びカーテン部で囲った状態で土砂投入が行える点で、更なる汚濁防止効果が発揮できます。
始めて見た船の形にびっくり。今日も沖合いで浮かんでいました(笑)

 


汚濁防止枠付土砂送泥船