「みらいへ」 厳島海峡に消える

2015年05月10日

沖合を見ると、帆船が走っていまし。速力は7ノット(約13キロ)。別府から来た、帆船「みらいへ」でした。
 

 

総トン数は、国内230トン、国際362トン。全長52.16メートル、幅8.6メートル。3本マストに13枚の帆が張れる。
大阪市が日本の自治体として初めてセイル・トレーニング事業のために建造した帆船「あこがれ」。平成5年(1993)年から所有したが、事業継続が難しく、平成25(2013)年に3212万円で一般社団法人 グローバル人材育成推進機構に売却。母港も大阪港から神戸港に移し、「みらいへ」に生まれ変わり走っています。
 
帆船は、静かに厳島海峡に消えていった。
 

 


帆船