食べる探訪記

さっきまで泳いでいた味 ウマヅラハギお裾分け届く

2015年05月03日

先ほどまで、瀬戸内海で泳いでいたウマヅラハギのお裾分けが届いきました。

 

皮がはがせるのカワハギの科に属し、馬の顔に似ているのでウマヅラハギという名がついています。
体長は40センチある大物。いつも、調理済みのものを出されているので、久しぶりに腕をうるうことにしました。
 
早速、切れ目を入れ調理を始めた。
皮は厚くて硬く、ザラザラした手触りに苦戦してようやくさまになる形に。
 
内臓からは産卵前の卵やタッパー半分くらいの肝がドッサリと出てきました。
 
刺身は「えっええっ・・・」という大きさに。
 
飲食店では刺身を薄くし肝と合わせた醬油でいただくことが多いが、よくよく味わえるように厚く切った。
 
鮮度のいいうちに口に運ぶことに。淡白な白身の中にある味わいが口中に広がった。
 
味がフグに似ているというが、ポン酢で食べる「テッサ」と違って醬油でも十分。胆は量が多かったので煮付けにしました。

 


自宅
一覧に戻る