嵐山気分に街並み歩く

能美町中町に嵐山のような竹藪が。千二百年続く神社と、水がわいた伝説が残る神社。明治時代にタイムスリップした後は、鈴木三重吉の世界に入った7キロの行程。  

2018.06.16

文学作品千鳥の道

「千鳥の話は馬喰の娘のお長で始まる。小春の日の夕方、蒼ざめたお長は軒下へ蓆を敷いてしょんぼりと坐っている。」

2018.06.16

紙布と酒蔵の小道

全国で4カ所、県内でもここだけの紙布の工場があります。

2018.06.16

水が湧き出た言い伝え

中町小学校近くに森木神社があります。

2018.06.16

川辺の細道を一人

川辺の細道を一人。

2018.06.16

鎮守の森の千二百年物語

中町の八幡神社は、神亀年間(724年~729年)、豊前国宇佐神宮へ代表5人が勧請しこの地に祠(ほこら)を建てた言い伝えがあります。

2018.06.15

なんちゃって嵐山気分

竹林が織りなす美がありました。