マイナスイオンと瀬戸内を見る旅

沖美町三吉、美能、高祖地区は瀬戸内海有数の水源地や城跡。展望台から見る景色は絶景のビュースポット。瀬戸内海を行きかう船も見られる13キロの行程。 

2018.06.15

島神社の小道歩く

神道信行教 教祖 古賀天明管長の教えのもと、濱野(旧・南郷)ハナ子初代社主の故郷・沖美町三吉の地に鎮祭されたことに始まります。

2018.06.15

貴船神社 御神体は石

高祖の海岸に海上業者の守り神としてあがめられる貴船神社があります。

2018.06.15

広島の電波全国に

瀬戸内海の景観に配慮したダークグレーのラジオ送信所。

2018.06.15

絶景のビュースポット

林道から瀬戸内海を望みました。

2018.06.15

清流にマイナスイオン

三高ダムの上流に「乙女の泉」と呼ばれる清流があります。

2018.06.15

菊畑の向こうに見える堤体

三吉の山懐に、三高ダムがあります。

2018.06.14

秋の夜照らす電照菊

菊は日照時間で季節を判断しています。

2018.06.14

尾首城沖小栗が築いた

千城原に高さ30メートル程度の丘があり、地元民は「オテンス」(お天守の意味)と呼んでいる。

2018.06.14

寺の鐘楼歴史を響く

南北朝時代、伊予大守河野通朝が貞治2(1363)年北朝軍に敗れたとき、一人の禅僧野上人が一子徳王丸を死守し、安芸国三吉浦に奉送しました。