菊畑の向こうに見える堤体

2018年06月15日

三吉の山懐に、三高ダムがあります。

 

三高ダムは太平洋戦争に、旧海軍兵学校の水道用水源として旧海軍が築造。戦後、一時期アメリカ軍が接収しました。
その後防衛施設庁を経て現在は「三高の水源地」として市が管理しています。
ダムを嵩上げし、新たな農業用水源を確保。旧堤体の下流側に、旧堤体を取り込む形で建設しました。
ダムの水面は、大きな湖のように水を蓄えていました。堤体の向こうは空。空と水の青さに光っていました。
飲料水や農業用に用いられる。堤体から望むと、眼下には、菊畑や水田が広がり海のかなたに広島が見えました。