貴船神社 御神体は石

2018年06月15日

高祖の海岸に海上業者の守り神としてあがめられる貴船神社があります。

 
約400年前に始り、昔は海岸伝いに参詣していました。明治年間は9月5日の祭礼日に網元が「押廻し」といって大船を神社沖でぐるぐる押廻し、神様の乗船を祈願したと伝えられています。鳥居の広がる青い空には1本の飛行機雲が。大正時代に奉納された絵も。